ポイント

  • 労働契約書」は、勤務形態などによって、様式や記載項目が異なる。賃金については、正社員なら、「給与規定にもとづき毎月○日に支払う」「別途、甲の交付する給与辞令にもとづく」などとし、超過勤務(残業・休日勤務)手当についてもふれる。臨時雇いの場合は「日給○円を、勤務した日数に応じて支給する」、嘱託の場合は「月額の嘱託料を○円とする」とする。
  • 契約書の基本にのっとり、会社を甲、従業員を乙と代名詞であらわし、2通同じものを作成、双方が署名・捺印して、1通ずつ保有する。

類似文書

労働契約書(1)

労働契約書(1)のテキスト

2017年12月09日(土)時点で未対応。近日中に対応予定

ページトップへもどる

労働契約書(2)

労働契約書(2)のテキスト

2017年12月09日(土)時点で未対応。近日中に対応予定

ページトップへもどる

お問い合わせ

E-mail
mail.b-writing.com