ポイント

  • 謝罪の気持ちを伝えることを第一に、表現に気をつける
  • 今後の対応をどうしていくかも重要な要素となる

説明不足の弁解

説明不足の弁解のテキスト

                               ○○年○○月○○日
株式会社○○○○○
○○○○○部
○○○○○様
                              株式会社○○○○○
                              ○○○○○部
                              ○○○○○

               弊社製品「○○○」のご意見に対するご返答

拝復 残暑の候、いつも弊社製品をご愛顧くださいまして誠にありがとうございます。このたびは、弊社製品「○○○」に関する貴重なご意見をいただき感謝申しあげます。
 さて、お使いいただいている「○○○」の付属品のお求め方法が分かりづらいとのご指摘につきまして、ご回答させていただきます。
 付属品の購入方法につきましては取扱説明書に記載してございますが、確認したところ「付属品のお求め方法」に分かりづらい箇所が何箇所かありました。改めてお詫び申し上げます。また、今回につきましては、ご意見をいただいた8月15日(水)付でお客様宛に付属品を配送させていただき対応させていただきました。ご査収ください。
 早速、取扱説明書の「付属品のお求め方法」の記載方法を分かりやすい表現に改善する予定で取り組んでまいります。改善が終わり次第、お客様に1部お送りさせていただきたいと思います。今後は、改善内容をご確認の上付属品のお求めをいただきたいと思います。
 今後、より一層の製品の充実とサービスに努めてまいりますので、今後とも弊社製品をご愛顧くださいますよう、お願い申しあげます。
                              敬具

ページトップへもどる