ポイント

  • 謝罪の気持ちを伝えることを第一に、表現に気をつける
  • 今後の対応をどうしていくかも重要な要素となる

商標権侵害の弁解

商標権侵害の弁解のテキスト

                               ○○年○○月○○日
株式会社○○○○○
○○○○○部
○○○○○様
                              株式会社○○○○○
                              ○○○○○部
                              ○○○○○
               類似商標使用のお詫び
拝復 貴社ますますご発展のこととお喜び申し上げます。  さて、このたび当社から発売しました新型電話機「○○○○○」の商標が、貴社ご所有の登録商標「●●●●●」に酷似しているとのご抗議(営第99-9999号99-99)拝受いたしました。 
 実のところ、びっくりいたしました。この製品発売にあたりましては、○○○○○広告社というプランナー会社に委託し、当社の販売戦略を立て、その中で本商標が生まれたという経緯があります。
 確かに貴社商標と類似点が多いことは否めませんが、意図的にデザインしたわけでないことだけは、何卒、ご理解いただきますようお願い申し上げます。
 発売以来、日も浅いとはいえ、この間貴社に対しておかけしたご迷惑に対して深くお詫び申し上げます。現在、出荷済み以降の生産につきましては、商標「○○○○○」を廃し、デザインを一新することをお約束いたしますので、これまでのところは、ご容赦賜りますよう重ねてお願い申し上げる次第でございます。  いずれ、ご挨拶にお伺いいたす所存でございますが、まずは書中をもってお詫びかたがたお願い申し上げます。
                              敬具

ページトップへもどる