ポイント

  • 謝罪の気持ちを伝えることを第一に、表現に気をつける
  • 今後の対応をどうしていくかも重要な要素となる

特許権侵害抗議に対する弁解

特許権侵害抗議に対する弁解のテキスト

                               ○○年○○月○○日
株式会社○○○○○
○○○○○部
○○○○○様
                              株式会社○○○○○
                              ○○○○○部
                              ○○○○○
               特許侵害とのご指摘について
拝復 貴社所有の特許権侵害についての文書、確かに受領いたしました。さっそく社内はもとより専門家もまじえて検討いたしましたが、結論を得るには至りませんでした。

 お申し越しのとおり、当社といたしましても、法的な係争をへずに、問題を解決したいと考えております。つきましては、近日中に両社の担当者ならびに法的な専門家による協議の場を持たせていただきたく存じます。

 貴社のご都合にあわせ、参上いたしますので、日時等をお知らせくだされば幸いです。まずはとり急ぎご回答申し上げます。
                              敬具

ページトップへもどる