ポイント

  • 正確に対応してもらえるよう、丁寧かつ明確に記入する
  • 電話で注文する場合でも、確認のため送付することが望ましい。
  • 高額注文の場合は相手方から注文受書(受託書)をもらう。

類似文書

見積書を比較しての注文(1)

見積書を比較しての注文(1)のテキスト

                               ○○年○○月○○日
株式会社○○○○○
○○○○○部
○○○○○様
                               総務部庶務課
                               担当者 ○○ ○○○印
               ○○○○○について
前略 ご多用のところ、早速見積書(第○○号○○/○○)ご送付いただきありがとうございました。

 他社品と比較検討の段階で、貴販売促進課○○ ○○様の再度のご訪問を受け、貴社にご発注することに決定しました。金額その他につきましては、○○様との打合せのとおりです。ご確認のうえお手配願います。 
                               草々

同封 注文書注○○号(○○/○○) 

ページトップへもどる

見積書を比較しての注文(2)

見積書を比較しての注文(2)のテキスト

                               ○○年○○月○○日
株式会社○○○○○
○○○○○部
○○○○○様
                               株式会社○○○○○
                               ○○○○○部
                               ○○○○○
               ○○○の注文について
拝啓 貴社ますますご隆盛のこととお喜び申し上げます。平素は格別のお引立てを賜り、厚くお礼申し上げます。 
さて、このたび早速見積書をご送付いただき、厚くお礼申し上げます。
いろいろと比較検討しました結果、貴社に発注することに決定いたしました。つきましては、下記の通り注文しますので、○月○日までに納品いただきますようお願い申し上げます。
                               敬具
               記
注文書 注○○号(○○/○○-99) ○○通s 
                               以上

ページトップへもどる