価格改定の抗議への反論

価格改定の抗議への反論のテキスト

                               ○○年○○月○○日
株式会社○○○○○
○○○○○部
○○○○○様
                               株式会社○○○○○
                               ○○○○○部
                               ○○○○○
               価格について

拝復 御社いよいよご隆盛のことと存じます。平素は何かとご高配を賜り、誠にありがとうございます。
 さて、先般、○日付け貴信を拝受いたしました。弊社からご提案させていただいた「焙煎コーヒー」の価格変更についてご対応いただけないとのことですが、当方はこれには納得しかねます。
 たしかに御社の苦しい状況も重々理解しているつもりですが、市場価格として従来の価格では販売することで利益が出にくく、非常に薄利となってしまいます。価格は下がりますが、その分数を売ることはできると考えておりますので、何とぞご賢察のほど、よろしくお願いいたします。
                               敬具

ページトップへもどる