ポイント

  • 緊急の用件なので、承諾・拒絶にかかわらず、返事は迅速にする。
  • 相手を傷つけない言い回しで、ていねいに対応する。
  • できれば依頼に応えたいが、事情が許さないという形にするとよい。
  • 断る理由はできるだけ具体的に述べるが、くどくど言い訳はしない。

類似文書

融資の断り(1)

融資の断り(1)のテキスト

2017年12月09日(土)時点で未対応。近日中に対応予定

ページトップへもどる

融資の断り(2)

融資の断り(2)のテキスト

2017年12月09日(土)時点で未対応。近日中に対応予定

ページトップへもどる