ポイント

  • 何が不足・未処理なのか、まずは状況を正確に伝える
  • 相手の不手際を責めることなく要求を理解してもらう

類似文書

代金支払いの督促-最後通達(1)

代金支払いの督促-最後通達(1)のテキスト

                               ○○年○○月○○日
株式会社○○○○○
○○○○○部
○○○○○様
                               株式会社○○○○○
                               ○○○○○部
                               ○○○○○
               売掛金お支払いのお願い

前略 先般来、再三にわたりご請求申し上げております売掛金999, 999円、その後、ご送金もご連終もなく、誠に困惑しております。 
 重ねての督促で恐縮ですが、もし本月末日までに、お支払いがいただけない場合には、はなはだ不本意ながら、今後のご注文はご辞退のほかなく、約定に基づいて適切な処置を取らざるを得なくなります。
  事情ご賢察のうえ、代金決済を切にお願いいたします。
                               草々

ページトップへもどる

代金支払いの督促-最後通達(2)

代金支払いの督促-最後通達(2)のテキスト

                               ○○年○○月○○日
株式会社○○○○○
○○○○○部
○○○○○様
                               株式会社○○○○○
                               ○○○○○部
                               ○○○○○

               代金支払いについて

前略 取り急ぎ用件のみにて失礼いたします。
 さて、○○月○○日に納品した「○○○○○○」1セットの代金 参拾四萬参阡弐百圓也につきまして、○○月○○日に最初の請求書を発送して以来、電話及び書面にてご入金を再三お願いして参りました。
 しかし、その後1ヶ月以上経過しているにもかかわらず、いまだにご入金の確認ができず、また納得のゆくご回答もいただいておりません。
 このような遅滞は、当社にとって堪えられるものではなく、貴社の誠意をはなはだ疑わざるをえません。つきましては、○○月○○日までにご入金、または誠意あるご回答をいただけない場合、やむを得ず法的手段をとることもございますので、どうかご了承ください。
                               草々 

ページトップへもどる