ポイント

  • 何が不足・未処理なのか、まずは状況を正確に伝える
  • 相手の不手際を責めることなく要求を理解してもらう

販売契約の督促

販売契約の督促のテキスト

                               ○○年○○月○○日
株式会社○○○○○
○○○○○部
○○○○○様
                               株式会社○○○○○
                               ○○○○○部
                               ○○○○○
               特別販売契約締結について
拝啓 貴社ますますご隆盛のこととお喜び申し上げます。
 さて、さる○○月○○日付で、当社製品販売特約のご希望をいただき、早速○○月○○日付で契約書類一式をお送りいたしましたが、いまだに何らのご連絡もいただかず、いかがされたかと案じております。
  最近、貴地の某社からも同様のご照会ございましたので、もし貴社に契約締結のご意思がない場合は、一応白紙に戻させていただきます。
  恐れ入りますが本状到着次第、折返し貴意ご回示のほどお願いいたします。  まずは、取り急ぎお願いまで
                               敬具

ページトップへもどる