ポイント

  • 何が不足・未処理なのか、まずは状況を正確に伝える
  • 相手の不手際を責めることなく要求を理解してもらう

用立金返済の督促

用立金返済の督促のテキスト

                               ○○年○○月○○日
株式会社○○○○○
○○○○○部
○○○○○様
                               株式会社○○○○○
                               ○○○○○部
                               ○○○○○
               ご用立て金について

拝啓 毎度格別のご愛顧にあずかり厚くお礼申し上げます。
  さて、さる○○月○○日当地ご出張の際、ご入用によりご用立て申し上げました金99,999円、その後ご返済をいただいておりません。多分ご多忙に取り紛れてお忘れになったものと拝察いたします。 
 当社決算も近づき帳簿整理の都合もありますので、恐縮ではございますが、折返しご送金いただきますようお願い申し上げます。
  まずは、お願いまで

                               敬具

ページトップへもどる