類似文書

ポイント

  • 調査しやすいように、どの商品をいつ発注したのかを明記する。
  • 明らかに先方のミスと思える場合でも、詰問調になることなく、穏やかに問い合わせる姿勢を貫く。
  • 当方の事情、例えば「○日までに届かない場合は注文を取消す」など、こちらの条件も明示する。

注文品未着の照会(抗議調の場合)

注文品未着の照会(抗議調の場合)のテキスト

2017年08月15日(火)時点で未対応。近日中に対応予定

ページトップへもどる