訃報(死亡広告)

弔事の文書は、自社や関係先に不幸があったときのご冥福の言葉を伝えるとき、また案内やお礼を伝えるための文書である

ポイント

  • 時候のあいさつなどはいっさい省くが、生前の故人に寄せられた温情に対してのお礼を述べる一文を添えるのが通例。
  • 混乱を避けるため、会場は、住所や略図、最寄り駅からの道順などを添えて案内するとていねいである。
  • 会場スペースなどの都合で供物供花類を辞退するときは、その旨を末尾に明記する。
  • 通夜・葬儀・告別式の日時や場所などは別記し、必要なら地図を添える。

類似文書

訃報(死亡広告)(1)

訃報(死亡広告)(1)のテキスト

2017年12月09日(土)時点で未対応。近日中に対応予定

ページトップへもどる

訃報(死亡広告)(2)

訃報(死亡広告)(2)のテキスト

2017年12月09日(土)時点で未対応。近日中に対応予定

ページトップへもどる