取引先社長逝去のお悔やみ

弔事の文書は、自社や関係先に不幸があったときのご冥福の言葉を伝えるとき、また案内やお礼を伝えるための文書である

  • 急逝の場合は、驚きの気持ちをあらわし、同時に相手側の心情を思いやるひと言を添える。
  • 「突然のご訃報にわが耳を疑いました」「急逝のご通知に接し、信じられない思いでおります」「ご家族様の悲しみも計り知れないことと…」などの言い回しを使用する。
  • 遺族の心痛を思いやり、慰めの言葉を心をこめて書く
  • 香典を同封するときは、その旨を明示する

類似文書

取引先社長逝去のお悔やみ(1)

取引先社長逝去のお悔やみ(1)のテキスト

2017年10月15日(日)時点で未対応。近日中に対応予定

ページトップへもどる

取引先社長逝去のお悔やみ(2)

取引先社長逝去のお悔やみ(2)のテキスト

2017年10月15日(日)時点で未対応。近日中に対応予定

ページトップへもどる

取引先社長逝去のお悔やみ(3)

取引先社長逝去のお悔やみ(3)のテキスト

2017年10月15日(日)時点で未対応。近日中に対応予定

ページトップへもどる

取引先社長逝去のお悔やみ(4)

取引先社長逝去のお悔やみ(4)のテキスト

2017年10月15日(日)時点で未対応。近日中に対応予定

ページトップへもどる

取引先社長逝去のお悔やみ(5)

取引先社長逝去のお悔やみ(5)のテキスト

2017年10月15日(日)時点で未対応。近日中に対応予定

ページトップへもどる