新事業の企画

新事業や新製品/サービスの企画書は、あるべき姿を描きその方向を示し、新たな価値を創造し会社に貢献する目的で伝える文書です。

ポイント

  • 企画書は上司や決定権をもった経営陣にアピールして、新しい仕事の承認と予算を得る必要がある。目的と理由を明確に打ち出すことが大切。
  • 主旨や展開方法などは、イメージしやすい表現にする。
  • 予想される効果を具体的、客観的に示す。

新事業の企画

新事業の企画のテキスト

                              〇〇〇〇年〇〇月〇〇日
企画部長
                              企画第1課 〇〇〇〇

               新事業の企画提案

1. 新事業企画提案の目的
我社の浄水化設備開発技術力は、日本国内の自治体から評価され業界でNO.1の地位を確保してきた。しかし、国内の浄水化設備の新設は飽和状態となり、業績は低迷している。
一方、海外に目を向けると東南アジア、アフリカ地域の飲料水の確保、水道事業の需要は高く、当社顧客A自治体から共同で水道事業の進出を打診してきた。これを受け、次に示すSWOT分析を踏まえ、新たに海外への事業展開を提案します。
   
2. 新事業企画内容
(1) 新事業のコンセプト
   東南アジア、アフリカ地域の飲料水の衛生状況を改善し、安全な生活用水を提供する。
(2) 新事業の内容
従来の浄水化設備製造・保守事業に加え新しく水道の運用事業を行う。
 ・A自治体推進の水道事業に対しその運用事業を行う
(3) 推進体制
  ・新事業部の設立 グローバル水資源開発事業部 事業部長 大山 一郎
3. 新事業の効果
(1) 定量的効果
  ・初期投資額  10億円
  ・2年後目標  売上:50億円/年  利益:1億/年
  ・5年後目標  売上:100億円/年  利益:10億/年
(2) 定性的効果
  ・企業ブランド力の向上
                              以上

ページトップへもどる