ポイント

  • 決裁項目を明確に示す
  • 決裁案件の経緯や目的を明記し決裁を求める
  • 承認を得るため議案を明記し、その必要性を強調する。
  • 会社によって閲覧・決裁者の範囲はまちまち。書式も会社によって異なる。押印や意見欄も違うので、その会社の書式に従って所定の欄に記入する
  • 検討・調整が正確に行われるための資料を添付するのもよい。

類似文書

アルバイト増員の稟議

アルバイト増員の稟議のテキスト

                               ○○年○○月○○日
人事総務部長殿
                               ○○○○○部 ○○○○○


               アルバイト増員の件


年末の繁忙期に伴い、本年も店頭販売においてアルバイトの増員が必要不可欠であり、増員をお願い致したく、ここに稟議いたします。


               記

1. 期 間 ○○月○○日(○曜日)~○○月○○日(○曜日)

2. 人 数 男女合わせて○○名

3. 業務内容 ・男性 商品の整理作業
・女性 販売接客・レジ係

4. 手配 ハローワークへの募集、求人ポスター等

5. 給与 時給○○円~○○円能力により判断
(交通費は○○円まで支給)


                               以上

ページトップへもどる

アルバイト増員の稟議(2)

アルバイト増員の稟議(2)のテキスト

                               ○○年○○月○○日
人事総務部長殿
                               ○○○○○部 ○○○○○


               アルバイト雇用について

 1000名規模のセミナーを開催するにあたって、臨時アルバイトを雇い入れてよいか、お伺いいたします。

               記
1.業務内容   中小企業革新セミナーでの補助作業
         (1000名規模のイベントにおける事務作業や入退場管理)
2.雇用人員   20名
3.雇用期間   ○月○日~○月○日の○日間
4.労働時間   午前9時~午後5時(昼休み1時間)
5.賃  金   時給1000円
6.勤務場所   セミナー企画課
                               以上

ページトップへもどる