ポイント

  • 過失をおかした原因を明確にし、再発防止策を記述する。
  • 自己弁護をせず、謝罪の姿勢に徹するのが鉄則である。
  • 事故の経緯を説明し、反省していることを強調する。

広告誤記の始末書

ページトップへもどる