ビジネス文書の書き方

ビジネス文書の書き方

実用新案権の侵害に対する警告書

実用新案権の侵害に対する警告書

実用新案権の侵害に対する警告書のテキスト

                              平成○○年○○月○○日
東京都○○区○○町○丁目○番地○号
 株式会社○○
  代表取締役 ○○○○殿

                              東京都○○区○○町○丁目○番地○号
                              ○○株式会社
                              代表取締役 ○○○○
               警 告 書

 貴社が製造販売されている商品「○○」に関し、以下のとおり警告いたします。
 当社は、後記の実用新案権を保有しておりますが、貴社製品「○○」は、当社の実用新案権の技術的範囲に属するものと認められ、貴社が「○○」を製造販売する行為は、当社の実用新案権を侵害するものであります。
 したがいまして、当社は貴社に対し、即刻、「○○」の製造販売の停止、「○○」の在庫品の廃棄及び「○○」の製造設備の除却を行うよう請求します。
 また、本書到達から2週間以内に本件実用新案権侵害による損害賠償として、金○○万円の支払を求めます。
 貴社から誠意ある対応をいただけない場合には、やむなく法的措置をとらせていただきますので、その旨申し添えます。
 なお、本件実用新案権にかかる実用新案技術評価書の写しを添付いたします。
               記
1 実用新案権の内容
(1) 出願日  平成○○年○○月○○日
(2) 登録日  平成○○年○○月○○日
(3) 登録番号 第○○○○号
                              以 上

ページトップへもどる

サイト内検索