ビジネス文書の書き方

ビジネス文書の書き方

採用の通知状(学校宛て)(1)

採用の通知状(学校宛て)(1)のテキスト

                              平成○○年○月○日
○○大学
就職課長○○○○様
                              株式会社○○○○
                              人事部長○○○○

               採用のご通知
拝啓 初春の候 ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。毎年当社の社員募集に際しましては、格別のご高配を賜り、誠にありがたく厚く御礼申し上げます。

 さて、この度貴学ご推薦の学生の選考を実施し、下記のとおり合否を決定いたしましたので、ご了承くださいますようお願い申し上げます。
 なお、本人にはすでに通知済みでございます。
 今後とも、何卒よろしくご厚情を賜わりますよう、お願い申し上げます。
 まずは略儀ながら、書中をもってご挨拶かたがたご通知申し上げます。

                              敬具
               記
採用決定者
○○科 ○○○○
○○科 ○○○○
○○科 ○○○○
不採用者
○○科 ○○○○
○○科 ○○○○

                              以上

ページトップへもどる

採用の通知状(学校宛て)(2)

採用の通知状(学校宛て)(2)のテキスト

                              平成○○年○月○日
○○大学
就職課長○○○○様
                              株式会社○○○○
                              人事部長○○○○

               採用のご通知

拝啓 陽春の候、いよいよご清栄のこととお喜び申し上げます。
さて、当社の求人につきましては毎々格別のご高配を賜り、厚く御礼を申し上げます。また、本年も貴校の○○学部○○学科、○○○○さんをご推薦いただきまして、まことにありがとうございました。
さっそく本人と連絡し、○月○日に面接選考をさせていただきました。人物、成績ともに非常に優秀で、採用を内定させていただきました。たいへんよい人物をご紹介いただきまして、あらためて御礼を申し上げます。
まずはご報告を申し上げます。
                              敬具

ページトップへもどる

採用の通知状(学校宛て)(3)

採用の通知状(学校宛て)(3)のテキスト

                              平成○○年○月○日
○○大学
就職課長○○○○様
                              株式会社○○○○
                              人事部長○○○○

               採用のご通知

拝啓 向夏の候、貴校にはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
弊社の平成××年度社員採用に関しましては、種々ご配慮賜り厚く御礼申し上げます。
さて、選考の結果、このたび貴校より応募いただいた下記1名の採用(正社員事務職)を内定いたしましたので、ここにご通知申し上げます。
なお、本人への採用内定通知および今後の予定に関する案内は、本状送付同日に弊社より直接行いました。
今後とも変わらぬご高配のほどよろしくお願い申し上げます。
まずはお礼かたがたご報告申し上げます。
                              敬具
               記

採用内定者: 商業科 山田花子 さん
                              以上

ページトップへもどる