ビジネス文書の書き方

ビジネス文書の書き方

身元保証契約解除通知(1)

身元保証契約解除通知(1)のテキスト

                              平成○○年○月○日
○○県○○市○○町○○○
○○○○株式会社
                              取締役社長○○○○殿
                               ○○県○○市○○町○○
                              ○○○○印

               身元保証契約解除通知

拝復 貴社からの平成○○年○月○日付書面まさに拝受いたしました。
 つきましては、貴社社員○○○○君について、平成○○年○月○日に貴社との間において身元保証契約を締結しておりましたが、熟慮の末、本書面をもって同君に関する上記身元保証契約を解除させていただきます。
 まずは、ご通知申し上げます。

                              敬具

ページトップへもどる

身元保証契約解除通知(2)

身元保証契約解除通知(2)のテキスト

                              平成○○年○月○日
○○県○○市○○町○○○
○○○○株式会社
取締役社長○○○○殿
                              ○○県○○市○○町○○
                              ○○○○印
               身元保証契約解除通知
拝啓 時下益々ご隆昌のこととお喜び申し上げます。
 さて、私は、貴社社員○○○○君の身元保証人となっております。ところが、この度、従来の貴配送センター配車計画係から○○営業所販売課に所属替えとなるとのことを承りました。このことは、私の身元保証人の責任がいちだんと加重されることとなりますので、熟慮の末、身元保証人に関する法律第4条により、ここに同君に関する貴社との間の身元保証契約を解除させていただきます。
 なお、同君につきましては、ご指導ご育成のほど、何卒、よろしくお願いいたします。
 まずは、ご通知申し上げます。

                              敬具

ページトップへもどる

身元保証契約解除通知(3)

身元保証契約解除通知(3)のテキスト

                              平成○○年○月○日
○○県○○市○○町○○○
○○○○株式会社
取締役社長○○○○殿
                              ○○県○○市○○町○○
                              ○○○○印
               身元保証契約解除通知
拝啓 時下益々ご隆栄のこととお喜び申し上げます。
 さて、私は、貴社社員○○○○君の身元保証人となっておりますが、今般、本人が貴社の命により課長に昇進し、遠隔地貴北海道支店に赴任する由を聞き及びました。
 つきましては、これらのことが、私の身元保証の限界を超えるものと考え、貴社との身元保証契約を解約させていただきたく、御通知申し上げます。
 なお、今後とも同君のことはよろしくお願い申し上げます。
 まずは、ご通知いたします。
                              敬具

ページトップへもどる

サイト内検索