ビジネス文書の書き方

ビジネス文書の書き方

労働条件通知書

労働条件通知書

労働条件通知書のテキスト

               労働条件通知書
                               年 月 日
 殿  
  事業場名称 
  所在地 
  使用者職氏名 

契約期間      期間の定めなし、あり(※)(   年  月  日~   年  月  日)
就業の場所 
従事すべき
業務の内容 
 1.始業・終業の時刻等
 (1)始業(  時  分)終業(  時  分)
始業、終業 【以下のような制度が労働者に適用される場合】
の時刻、休
憩時間、就 (2)変形労働時間制等;(  )単位の変形労働時間制・交替制として、次の勤務時間の組み合わせによる。
業時転換   始業(  時  分)終業(  時  分)(適用日  )
((1)~(5)   始業(  時  分)終業(  時  分)(適用日  )
のうち該当   始業(  時  分)終業(  時  分)(適用日  )
するもの一 (3)フレックスタイム制;始業及び終業の時刻は労働者の決定に委ねる。
つに○を付   フレキシブルタイム(始業)  時  分から  時  分
けること)、            (終業)  時  分から  時  分
所定時間外   コアタイム           時  分から  時  分
労働の有無 (4)事業場外みなし労働時間制;始業(  時  分)終業(  時  分)
に関する事項 (5)裁量労働制;始業(   時  分)終業(   時  分)を基本とし、労働者の決定に委ねる。
 ○詳細は、就業規則第 条~第 条、第 条~第 条、第 条~第 条
 2.休憩時間(   )分
 3.所定時間外労働の有無(有,無)
休日 ・定例日;毎週  曜日、国民の祝日、その他(    )
 ・非定例日;週・月当たり  日、その他(   )
 ・1年単位の変形労働時間制の場合-年間  日
 ○詳細は、就業規則第  条~第  条、第  条~第  条
休暇 1.年次有給休暇 6ヵ月継続勤務した場合→  日
          継続勤務6ヵ月以内の年次有給休暇(有,無)
          →  ヵ月経過で  日
 2.その他の休暇 有給(     )
          無給(     )
 ○詳細は、就業規則第  条~第  条、第  条~第  条

 

賃金 1.基本賃金 
  イ 月給 (   円)
  ロ 日給 (   円)
  ハ 時間給(   円)
  ニ 出来高給(基本単価   円、保障給   円)
  ホ その他(   円)
  ヘ 就業規則に規定されている賃金等級等


 2.諸手当の額及び計算方法
  イ (    手当    円 / 計算方法:            )
  ロ (    手当    円 / 計算方法:            )
  ハ (    手当    円 / 計算方法:            )
  ニ (    手当    円 / 計算方法:            )
 3.所定時間外、休日又は深夜労働に対して支払われる割増賃金率
  イ 所定時間外 法定超(   )%、所定超(   )%
  ロ 休日  法定休日(   )%、法定外休日(    )%
  ハ 深夜 (   )%
 4.賃金締切日(   )-毎月  日、(   )-毎月  日
 5.賃金支払日(   )-毎月  日、(   )-毎月  日
 6.賃金支払の方法(            )
 7.労使協定に基づく賃金支払時の控除(無,有(       ))
 8.昇給(時期等   ) 
 9.賞与 (有(時期、金額等                  ),無)
 10.退職金(有(時期、金額等                  ),無)
退職に関 1.定年制(有(   歳),無)
する事項 2.継続雇用制度(有(   歳まで),無)
 3.自己都合退職の手続(退職する   日以上前に届け出ること)
 4.解雇の事由及び手続
   (                                )
 ○詳細は、就業規則第  条~第  条、第  条~第  条
その他 ・社会保険の加入状況(厚生年金  健康保険  厚生年金基金
           その他(              ))
 ・雇用保険の適用(有,無)
 ・その他(                              )
※ 「契約期間」について「期間の定めあり」とした場合に記入
更新の有無 1.契約更新の有無
  [自動的に更新する・更新する場合があり得る・契約の更新はしない
  ・その他(                 )]
 2.契約の更新は次により判断する。
   ・契約期間満了時の業務量  ・勤務成績、態度   ・能力

   ・会社の経営状況    ・従事している業務の進捗状況
   ・その他(                        )
※ 以上のほかは、当社就業規則による。

ページトップへもどる