ビジネス文書の書き方

ビジネス文書の書き方

値下げの依頼

ポイント

  • 相手に対するお願いの気持ちが伝わるように文面は丁寧に書く
  • なぜ依頼することになったか経緯が分かる表記をする

類似文書

値下げの依頼(1)

値下げの依頼(1)のテキスト

                               ○○年○○月○○日
株式会社○○○○○
○○○○○部
○○○○○様
                               株式会社○○○○○
                               ○○○○○部
                               ○○○○○ 
               工番○○-○○についてご協力のお願い

拝啓 貴社ますますご隆盛のこととお喜び申し上げます。
 さて、弊社が今回受注いたしました○○○○○工業株式会社向け機器一式は、貢ご担当○○○○○様にも事情をご説明申し上げましたように、非常に厳しい予算で苦慮しております。当社は鋭意VA見直し等により、ご協力会社の皆様にご迷惑をかけないよう努力しておりますが、なお○○%の詰めを残しております。  つきましては、本工番引当(別紙参照)についてのみ、特別のご配慮をいただきたく本状を差し上げる次第です。もちろん、その他の工番につきましては約定価格で、前例価格にしないことをお約束いたします。  なお、事務手続きの関係もあり、来る○○月○○日までにご意向をお聞かせ願えれば幸甚です。  まずは取り急ぎお願い申し上げます。
                               敬具
 担当 営業部 ○○ ○○

ページトップへもどる

値下げの依頼(2)

値下げの依頼(2)のテキスト

                               ○○年○○月○○日
株式会社○○○○○
○○○○○部
○○○○○様
                               株式会社○○○○○
                               ○○○○○部
                               ○○○○○
               商品単価の件
拝啓
 貴社ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。
 さて、当社は、昨年来、貴社より、○○工作機械(型式2001-5-○○)を継続的に購入して参りました。その単価は、当初より、1台当たり金○○○○円とさせていただいております。
 ところが、本件商品を含む○○○機械は需要が一段落したせいか、エンドユーザー様への販売価格が下落傾向にあり、他社製の同種商品の値下げが相次ぎ実施されております。当社も、これまでに販売価格の値下げを実施して対応してまいりましたが、もはやこれ以上の値下げは採算割れが必至となる状況にまでなっております。
 貴社におかれましては以上の状況をご推察いただき、本件商品の単価の値下げをお願いする次第でございます。当社といたしましても、貴社とは末永い良好な取引関係を願っております。そのような観点にて何卒前向きなご検討をお願い申し上げます。
 次回の本件商品の注文を平成○○年○○月○○日と予定しているところですので、誠に勝手ではございますが、次回の注文予定日までにご回答をいただければ、大変幸いに存じます。
                               敬具

ページトップへもどる