ビジネス文書の書き方

ビジネス文書の書き方

注文の断り

ポイント

  • どの商品の注文についてかをはっきりとさせる
  • 大切な取引先との関係を悪くすることのないようにする
  • もし代わる品があれば、それをすすめるようにする

類似文書

注文の断り(1)

注文の断り(1)のテキスト

                               ○○年○○月○○日
株式会社○○○○○
○○○○○部
○○○○○様
                               株式会社○○○○○
                               ○○○○○部
                               ○○○○○
               「○○○」ご注文の件

拝復 貴社ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。日頃より過分のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、このたびは弊社商品「○○○○○」をご注文いただきまして、誠にありがとうございました。

しかしながら、「○○○○○」は、年末年始にて予想を上回る需要が発生して生産が追いつかず、ご希望の○○月○○日までに納品することが難しいと思われます。

つきましては、誠に恐縮ではございますが、今回のご注文はお引き受けすることができそうにございません。

ご期待に沿えず申し訳ございませんが、事情ご賢察いただき、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

取り急ぎ、書中を以てお知らせ申し上げます。
                               敬具

ページトップへもどる

注文の断り(2)

注文の断り(2)のテキスト

                               ○○年○○月○○日
株式会社○○○○○
○○○○○部
○○○○○様
                               株式会社○○○○○
                               ○○○○○部
                               ○○○○○
               ご注文品品切れのお知らせ

前略 用件のみ取り急ぎ申し上げます。
 貴注第○○号(○○/○○-○○付)ありがとうございました。しかし、本新製品は各メーカーの先鞭を切った関係もあり、見本または試用の注文が相次ぎ、大量の受注残を抱え、こなすのに苦労しておりますような始末です。メーカーにもプッシュしておりますが、貴注納期はとても無理でお断わりせざるを得ません。  なお、いまの見通しでは、○○月末納期ではお受けできるかと思いますが、いかがでございましょうか。○○月○○日までにご返事をお待ちしております。  せっかくのご注文をお断わりするのは誠に残念ではございますが、あしからずご了承のほどお願い申し上げます。
                               草々
 担当 ○○部 ○○ ○○

ページトップへもどる

注文の断り(3)

注文の断り(3)のテキスト

                               ○○年○○月○○日
株式会社○○○○○
○○○○○部
○○○○○様
                               株式会社○○○○○
                               ○○○○○部
                               ○○○○○
               ご注文品品切れのお知らせ

拝復 貴社ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。日頃より過分のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。
 さて、本日21日付貴信にて「〇〇〇〇〇〇」をご注文いただき、まことにありがとうございます。
 しかし、同製品は現在在庫を切らせており、期日までに納入することができない状況です。
 発売以来、弊社の予想を大幅に上回る売れ行きをみせ、生産が追いついておりません。せっかくのご要望にお応えすることができず、大変申し訳ございません。
 現在、生産ラインを大幅に拡大し、生産台数のアップに励んでおります。つきましては、〇〇月〇〇日ごろには出荷のめどが立ちますので、あらためてご連絡を差し上げたいと思います。その際はよろしくお願い申し上げます。
 取り急ぎ、お詫びとお知らせまで。
                               敬具

ページトップへもどる

注文の断り(4)

注文の断り(4)のテキスト

                               ○○年○○月○○日
株式会社○○○○○
○○○○○部
○○○○○様
                               株式会社○○○○○
                               ○○○○○部
                               ○○○○○
               ご注文について

拝啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。
さて、このたびは弊社商品「○○○○○」をご注文いただき、ありがとうございました。まずは厚く御礼申し上げます。
ご注文いただき、大変ありがたく存じますが、○○○○○が最近朝日テレビの食事情報番組で取り上げられたことをきっかけに、ご注文が集中しておりまして、現在まったく在庫がない状態でございます。生産工場に再三依頼しておりますが、すべての機械を稼働してもまだ生産が追いつかない状況です。貴社にはご迷惑をおかけいたしますが、あしからずご了承いただきますよう、よろしくお願いいたします。
なお、ご注文を受けられる状況になりましたら、あらためてこちらからご連絡させていただきますので、今後ともよろしくお願いいたします。
まずは書面をもちまして、お詫びとお知らせまで。
                               敬具

ページトップへもどる

サイト内検索