ビジネス文書の書き方

ビジネス文書の書き方

派遣社員要請の断り

派遣社員要請の断り

派遣社員要請の断りのテキスト

                               99年99月99日
株式会社○○○○○
○○○○○部
○○○○○様
                               株式会社○○○○○
                               ○○○○○部
                               ○○○○○

拝復 盛夏のみぎり、貴店ますますご隆昌のこととお慶び申し上げます。平素は、格別なるご愛顧を賜りまして、誠にありがたく厚く御礼申し上げます。
 さて、先日ご書簡をいただき、夏枯れともいわれるこの時期に一大セールをおかけになる旨、また人員不足により計画の見直しを迫られていること拝読し、対応に苦慮されている事情お察し申し上げます。
 当社としましても、永年のご愛顧にお応えすべく、何とか応援できないものかと、種々検討してまいりました。
 しかしながら、この時期は当社でも販売攻勢をかける時期となっており、また営業部門に退職者が続いたため、生産部門から応援要員を回しているのが実態でございます。このような環境下にあるため、当社でもまったく人員に余裕がなく、一方ならぬご厚情をいただいております貴店のお申し出にお応えできないのは、甚だ心苦しいのですが、事情ご斟酌賜りまして、ご容赦いただければ幸甚でございます。
 末筆ながら、貴店のますますのご発展をお祈り申し上げます。

                               敬具

ページトップへもどる

サイト内検索