ビジネス文書の書き方

ビジネス文書の書き方

見積書の断り

ポイント

  • 見積りを断る理由があくまでこちら側の事情であることを強調する
  • 見積りや受注を辞退するのはよほどのことなので、気を悪くしないよう、丁寧に説明する

類似文書

見積書の断り(1)

見積書の断り(1)のテキスト

                               ○○年○○月○○日
株式会社○○○○○
○○○○○部○○○○○様
                               株式会社○○○○○
                               ○○○○○部○○○○○
               見積書ご辞退の件
拝復 貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。平素より格別のご高配を賜り深謝いたします。
 このたびは、弊社○○○○○についてのお見積りをご依頼いただき、誠にありがたく、厚く御礼申し上げます。
 早々に社内で検討いたしましたが、誠に遺憾ながら、お見積りを辞退させていただきますことをご連絡申し上げます。
 弊社といたしましても、このように大量かつ長期にわたりお取引いただけることは願ってもない光栄でございます。しかし、なにぶんにも弊社の生産規模を鑑みますと採算の目途が立ちません。図らずも当製品は多くのお得意様からご好評を受け、現在工場をあげての生産体制にて稼働しておりますが、生産が追いつかない状況です。
 何卒、事情をご賢察のうえ、ご了解賜りますようお願い申し上げます。折角のお申し出にもかかわらず、ご要望にお応えできませんこと誠に申し訳なく深くお詫び申し上げます。
 なお、お見積りの材料としていただきましたデータ一式を同封いたしましたので、ご確認ください。
 取り急ぎ書中を以てご連絡申し上げます。
                               敬具

ページトップへもどる

見積書の断り(2)

見積書の断り(2)のテキスト

                               ○○年○○月○○日
株式会社○○○○○
○○○○○部
○○○○○様
                               株式会社○○○○○
                               ○○○○○部
                               ○○○○○
               貴ご購買単価基準再考のお願い

拝復 いつも格別のお引立てを賜り誠にありがとうございます。

 さて、この度貴お見積依頼書(購外注第○-○号○/○-○付)をいただきましたが、貴ご予算範囲ではとてもお引受けは無理でございます。 
 厳しい現下の経済状況の中で、貴社のご発展を願い、当社も生き延びていくためには、お互いに譲り合うより仕方がないのではないかと思っております。どうか加工レート○%か、加工時間○%増を認めていただけないかと再度お願い申し上げます。
  ご注文はぜひお請けしたいと思いますが、このままではお見積りに応じかねます。  まずは、とりあえずご回答かたがたお願いまで。 
                               敬具
担当 営業部 ○○ ○○

ページトップへもどる

見積書の断り(3)

見積書の断り(3)のテキスト

                               ○○年○○月○○日
株式会社○○○○○
○○○○○部
○○○○○様
                               株式会社○○○○○
                               ○○○○○部
                               ○○○○○
               見積書ご辞退の件
復啓 貴社いよいよご清祥のこととお慶び申し上げます。平素より格別のご高配を賜り深謝いたします。
さて、○○月○○日付貴簡にてご要請のありました貴社「会社案内の企画・見積」の件、私どもをご発注先の候補の一つに加えていただき、まことに光栄に存じ上げます。
本来であれば、さっそく貴社に参上してご要請の趣旨などをお聞きし、企画書・お見積書を提出すべきところではございますが、社内で検討を重ねました結果、弊社の現在の力量から判断して、いたずらに背伸びすることは慎み、今回はご辞退申し上げるのが節ではないか、との結論となりました。
じつは、前回の貴社会社案内を制作いたしましたチーフプランナーをはじめ、制作スタッフが何人か退社いたしましたため、貴社の業容にふさわしい高いクオリティの企画をご提案することが困難になった、というのが最大の理由でございます。
また、企画書提出までの期間も、私どものような小規模の会社にとっては厳しい条件となり、貴社の求められるレベルに達しない企画書をご提案しては、かえって柳沢様にご迷惑をおかけするのではないかと懸念いたしました次第、どうかご理解くださいませ。
せっかくのご要請にお応えできず、まことに申しわけございません。なにとぞ事情をご賢察のうえ、ご寛容賜りたくお願い申し上げます。
                               敬具

ページトップへもどる

見積書の断り(4)

見積書の断り(4)のテキスト

                               ○○年○○月○○日
株式会社○○○○○
○○○○○部
○○○○○様
                               株式会社○○○○○
                               ○○○○○部
                               ○○○○○
               お見積もりについて

謹啓 貴社におかれましては、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
 このたびは、ウェブサイト制作のお見積もりのご依頼をいただきまして、誠にありがとうございました。
 しかし、せっかくのご依頼に恐縮なのですが、現在弊社ではウェブ制作のみの受注を中止しており、お見積もりをご提案することができません。
 また機会がございましたらご提案等頂戴いたしたく、よろしくお願い申し上げます。
 略儀ながら書面をもちまして、お知らせ申し上げます。
                               謹白

ページトップへもどる

サイト内検索