ビジネス文書の書き方

ビジネス文書の書き方

注文の取り消し

ポイント

  • 後の取引を考慮し、丁寧な表現を心がける。
  • 迷惑をかけることに対し謝罪し、理解を求めるようにする。
  • 先方の損害に対して、最大限の配慮を示す。

類似文書

注文の取り消し(1)

注文の取り消し(1)のテキスト

                               ○○年○○月○○日
株式会社○○○○○
○○○○○部
○○○○○様
                               株式会社○○○○○
                               ○○○○○部
                               ○○○○○
               注文取消しのお願い
前略 取り急ぎ用件のみ申し上げます。

 当社注文(資購第○○-○○、○○/○○-○○付)について、取り急いで取消しをお願いいたします。と申しますのは、当該注文は急速に経営悪化を辿っているといわれる○○○○○株式会社向けだからです。大変申し訳ありませんが、よろしくお願い申し上げます。  いったんご注文いたしました品なので、当社は全力をあげて他に振り向けるよう努力中で、受注がまとまり次第、新しく注文を差し上げる所存です。  何卒事情ご了承のうえ、よろしくご配慮のほど切にお願い申し上げます。 

                               草々
 担当 資材課 ○○ ○○

ページトップへもどる

商品注文の取り消し(2)

商品注文の取り消し(2)のテキスト

                               ○○年○○月○○日
株式会社○○○○○
○○○○○部
○○○○○様
                               株式会社○○○○○
                               ○○○○○部
                               ○○○○○
               注文取消しの件
急呈 このたびはなにかとご迷惑をおかけいたし、心よりお詫び申し上げます。

先般ご連絡差し上げましたとおり、先日大口顧客より突然の注文取消しを受けたため、○○月○○日に注文しました「○○○○○」○○台をキャンセルさせていただきますようお願い申し上げます。

弊社といたしましても、不況により余剰在庫を抱えている状況でして、年末セールで販売促進に努める所存ではございますが、前年同期実績に比べ約○○割売上が低下している状況下ではこれ以上の在庫を抱える余裕がございません。

お手数をおかけいたしまして、まことに申し訳ございません。何とぞご容赦くださいますよう重ねてお願い申し上げます。

取り急ぎ、お詫びかたがたご通知申し上げます。

                               草々

ページトップへもどる

商品注文の取り消し(3)

商品注文の取り消し(3)のテキスト

                               ○○年○○月○○日
株式会社○○○○○
○○○○○部
○○○○○様
                               株式会社○○○○○
                               ○○○○○部
                               ○○○○○
               注文取消しのお願い
前略 取り急ぎ要件のみ申し上げます。 
 当社注文(資溝第○○-○○、○○/○○-○○付)について、納期延長のお申出でを受けました。  何とかお待ちするように社内協議を続けてまいりましたが、やむを得ない当社の事情もあり、不本意ながらいったん取り消さざるを得ないという結論になりました。  いずれ改めてご注文させていただきますので、何卒あしからずご了承のほどお願い申し上げます。

                               草々

ページトップへもどる

商品注文の取り消し(4)

商品注文の取り消し(4)のテキスト

                               ○○年○○月○○日
株式会社○○○○○
○○○○○部
○○○○○様
                               株式会社○○○○○
                               ○○○○○部
                               ○○○○○
               商品注文取消しのご連絡
拝啓 貴社ますますご盛業のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご厚情を賜り誠にありがとうございます。
 
○月○日付注文書(営発№99-99)で発注いたしました記念品は、先ほど電話で申し上げました通り、納入先から注文取消しの申し出があり、誠に心苦しく存じますが、ご出荷を見あわせていただきたくお願い申し上げます。

本商品は○○市主催の○○祭りの記念品としてご依頼いただいたものですが、先般の地震による被害のため、大会は延期せざるを得ない状況とのことです。

貴社のご迷惑は重々拝察いたしておりますが、上記事情のためご注文の取り消しをお願い申し上げるしだいです。
なお、○○祭りの再開催の際には改めてご注文させていただきたく、まげてご承知くださいますようお願い申し上げます。

                               敬具

ページトップへもどる

商品注文の取り消し(5)

商品注文の取り消し(5)のテキスト

                               №販2-12345-78
                               平成〇〇年〇〇月〇〇日

児島産業株式会社
営業3課
課長 神田直治様


                               株式会社パピーエル
                               東京統括本部長 山田太郎

               注文取り消しについて

拝啓 菊花の候、ますますご繁盛のこととお喜び申し上げます。平素は格別のご厚誼にあずかり、厚く御礼申し上げます。

 さて、10月15日付にて注文させていただきました商品陳列棚の件ですが、納品先の浜松支店をビル所有者のご意向で、12月末日にて閉店するとの連絡がありました。それに伴いまして、店内備品が不要となります。ご迷惑をおかけすることは重々承知のうえで、注文の取り消しをお願いする次第でございます。
 何とぞ事情をお察しのうえ、ご了承くださいますようお願い申し上げます。
 まずは取り急ぎ、お詫びかたがたお願いいたします。
                               敬具

同封資料:注文書(控) 1通
                               以上

ページトップへもどる