ビジネス文書の書き方

ビジネス文書の書き方

研究結果報告

研究結果報告

研究結果報告のテキスト

                              ○○年○○月○○日
○○○室長 ○○○○○様
                              ○○○研究室 ○○○○○ 印


          研究結果報告書

名 称
試 験No.
実施期間
参加担当者	○○○○○の溶解とその品質について
K-○○
○○年○○月○○日~○○月○○日(○○月間)
○○○研究室 ○○○○○、○○○○○、○○○○○
 
《目的》 既存の○○○○○を、低コストに抑えるための蒸留との融和点を調べる。

《方法》 ○○%以上含有の○○○抽出オイルと○○○水を溶解、性能を落とさぬために、○○○○○と○○○○○を使用する。

《結果》 ・○○○○○、○○%+○○○水○○%の場合○○○○○
     従来商品と比べて性能的には大差なし。○○%のコストダウン
     ・○○○○○、○○%+○○○水○○%の場合○○○○○
     紫外線を吸収。○○%のコストダウン
     ・○○○○○、○○%+○○○水○○%の場合○○○○○
     上記と同じく紫外線吸収。○○%コストダウン。但し、性能面が著しく低下し、
     ○○○○○、○○○○○を使用するも不可。

《所見》 当初の目的の一つであるコストダウンは望めるも、○○○水を混ぜることにより、○○○オイル独特の紫外線遮断効果は薄れ、乾性に傾くと思われる。また、従来商品と比較して、濃度の希薄化のための使用感の違いから、ユーザーの感じるグレード感は大きく落ちると思われる。したがって、上記のケースがベターと思う。

                              以上

ページトップへもどる

サイト内検索