ビジネス文書の書き方

ビジネス文書の書き方

  1. ホーム
  2. 社内文書
  3. 製品クレーム報告(原報告書)

製品クレーム報告(原報告書)

クレーム報告書は、顧客や取引先からの苦情に対して適切な対処ができるように、会社全体で情報を共有し顧客満足度向上のきっかけとすることを目的とした文書です。

ポイント

  • クレーム発生後速やかに提出する。
  • クレーム内容と製品・サービスとの事実関係と対応状況を明記する。
  • 応急対策と再発防止策を明記する。

製品クレーム報告(原報告書)

製品クレーム報告(原報告書)のテキスト

                               平成○○年○○月○○日
営業部長殿
                               営業二課 ○○ ○○印
               製品クレーム報告書 
 下記クレームに対し、とりあえず応急措置したことを報告します。 1 発 生 日 時 ○月×日午後○時頃 2 クレーム持込先 ○○○○株式会社購買部係長 ○○ ○○氏 3 状     況  新製品○○(鋳造弁箱)の受入検査の結果、呼び径許容差が規定を上回り、約30%が不合格である旨の電話を受け、至急取替えの要請を受けました。 4 クレーム内容および応急措置 ○○○○○株式会社検査室で緊急打合せ。肉厚許容差オーバーであることが判明。 
呼び経	  40mm
許容差	規程	+1.1mm
		-1.0mm
	現物	    +1.9mm以上
		+0.8mm
納入数	500個	100%
合格	374個	74.8%
不合格	126個	25.2%
不合格数126個を引き取り、同数量代品を納入。一応の急場を回避。 5 見解その他  XY型より新製品ZY型にかわった直後でもあり、厳重な生産管理と出荷検査を望みます。
                               以 上 

ページトップへもどる

サイト内検索