ビジネス文書の書き方

ビジネス文書の書き方

信用調査報告

ポイント

  • 調査の目的をよく理解して作成する。
  • 調査結果を客観的に評価し、どのような改善策があるのか考察意見と結論によって提案する。

類似文書

信用調査報告(1)

信用調査報告(1)のテキスト

                              ○○年○○月○○日
○○○○○部 ○○○○○様
                              ○○○○○課 ○○○○○


               株式会社○○○○○の信用調査結果報告書


下記のとおり、表記の件についての調査結果をご報告致します。


               記

・ 結論      新規取引上、表記の会社は高い信用を得ており、不都合な面は見受けられない。

・ 理由      事前に取扱商品についての独自の市場調査を実施し、堅実な経営を行っている。昨年度年商は、前年度に比べ○○%増の好調な利益を得ている。

・ 添付資料  同社営業報告書 ○○通
              同社経歴書    ○○通
              同社取引銀行  ○○○銀行○○○支店からの調査資料 ○○部


                              以上

ページトップへもどる

信用調査報告(2)

信用調査報告(2)のテキスト

                              平成○○年○○月○○日
○○部長殿
                              ○○部 第○○課 ○○ ○○
○○○○○株式会社の信用調査について
 標記の件について調査した結果をまとめましたので、下記の通り報告します。 
 1、結論  標記の会社に対する信用度はかなり高い。したがって、新規取引を開始しても支障はないものと考えられる。 
 2、理由  ○○○○○株式会社等によれば、消費者の高級志向、高額志向…   社長の○○氏は、創業社長である。いわゆるワンマン的なところも少なく、他の役員の意見もよく取り入れるため、役員の意欲も高く、しっかりしていると評判が高い。取締役経理部長の子息(長男)を後継者に据える予定で、帝王学を教育中といわれ、将来の不安もまずないとされる。  したがって、同社のメーン銀行である○○銀行も、営業力、安定性、将来性を認め、AAランクに評価しているという。 
 3、調査期間  平成○○年○○月○○日-○○日(○○日間) 
 4、調査先  
 (1) ○○株式会社(標記会社の取引先)  
 (2) ○○銀行北陸支店(標記会社のメーンバンク) 
 5、添付資料
 (1) 同社の経歴書および第○期の営業報告書 各1通 
 (2) ○○銀行北陸支店からの調査資料 1通
以 上 

ページトップへもどる

サイト内検索