ビジネス文書の書き方

ビジネス文書の書き方

苦情をうけた場合のお詫び

ポイント

  • 平易な言葉で素直に反省の気持ちを述べる。
  • 敬語の使い方、誤字脱字には特に注意する。

苦情をうけた場合のお詫び

苦情をうけた場合のお詫びのテキスト

               念 書
                               ○○○○年○○月○○日
販売部販売業務課長
 ○○○○様
                               販売業務課 
                               ○○○○ 印


 このたび、カスタマーサポートカウンターにおきまして、私の不用意な言動により、お客様から叱責を受けました。この件に関し、お客様、ならびに課長ほか関係者の皆様には、大変ご迷惑をおかけいたしました。誠に申し訳ありませんでした。
 お客様への対応には慎重の上にも慎重を期すようにと、常々ご指導いただいているにも関わらず、このような不始末を起こしましたことを、心より反省しております。
 二度とこのような失態を繰り返さないように、以後十分に注意して業務に励みますので、ここに念書をもってお詫びする次第であります。

ページトップへもどる

サイト内検索