ビジネス文書の書き方

ビジネス文書の書き方

管理責任による始末書

始末書は、自分(部下)が原因で引き起こしたトラブルに対して反省し、会社に対してお詫びすることを目的とした文書です。

ポイント

  • 過失をおかした原因を明確にし、再発防止策を記述する。
  • 自己弁護をせず、謝罪の姿勢に徹するのが鉄則である。

管理責任による始末書

管理責任による始末書のテキスト

               始 末 書

                               ○○○○年○○月○○日
代表取締役社長
○○○○様
                               経理部長 
                               ○○○○ 印


 このたび、私の監督不行き届きから、経理課員○○○○による業務上横領事件が発生いたしました。このため会社に甚大な損害を与えるとともに、対外的にも当社の名誉を傷つけましたことは、まことに申し訳なく、深くお詫びを申し上げます。
 当人の通常の勤務態度からは考えにくいことであったとはいえ、管理責任者として、私の注意が不十分であったことを心より反省しております。
 なお、横領金額については、本人ならびに身元保証人が賠償することとなり、○○部長とも相談の結果、示談解決することにいたしました。今後は二度とこのような不始末を繰り返さないように、万全の管理・指導に努めることを固く誓い申し上げます。

ページトップへもどる

サイト内検索