ビジネス文書の書き方

ビジネス文書の書き方

部下の失態による進退伺い

部下の失態による進退伺い(1)

部下の失態による進退伺い(1)のテキスト

                               平成○年○月○日
代表取締役社長
○○○○様
                               営業部長 
                               ○○○○ ○印

               進退伺い

 平成○年○月○日に私の部下である○○○○が起こした顧客情報流出事故では、会社に多大な損害を与えてしまいました。ここに深くお詫び申し上げます。
 本人の重大な過失とはいえ、本件は私の管理責任であります。処遇については下された決定に従いますので、ご指示を賜りますよう、よろしくお願いいたします。
                               以上

ページトップへもどる

部下の失態による進退伺い(2)

部下の失態による進退伺い(2)のテキスト

                               平成□□年10月23日

代表取締役社長
田辺和明殿

                               経理部長
                               箕輪忠介 ○印


               進退伺


 このたび発覚した経理部員 品川洋二の不祥事につきまして、直属の上司として監督不行き届きによるものであり、責任を痛感しております。
 会社にご迷惑と多大な損害をかけましたこと、深く反省するとともにお詫び申し上げます。

 このたびは、私の監督能力不足を痛感し、その責任をとる覚悟をいたしております。つきましては、私の今後の進退につきましてご決裁をお願いしたく存じます。

                               以上

ページトップへもどる

サイト内検索