ビジネス文書の書き方

ビジネス文書の書き方

  1. ホーム
  2. 社内文書
  3. 防火訓練実施の通知

防火訓練実施の通知

防災訓練などの通知文書は、事業推進上必要なことを実施するため従業員にそのことを周知し間違いなく行動してもらうことを伝える文書です。

ポイント

  • 実施事項主旨と目的を明記し行動への動機付けとする
  • 行動してもらうこと(誰が、何を、どうする)を簡潔に書く
  • 確実に伝わるように時間的余裕をもって発信する

類似文書

防火訓練実施の通知(1)

防火訓練実施の通知(1)のテキスト

                              〇〇年〇〇月○○日
自衛消防隊員各位(各部課)
                              自衛消防隊長(庶務) 
          防火訓練実施の通知
 ○月○日開催の自衛消防班長会議において、下記のとおり防火訓練を実施することに決定いたしました。何かとご多忙のことと思いますが、ご協力のほどお願いいたします。
 なお、訓練開始の合図に、機能点検を兼ね非常ベル、サイレンを鳴らしますから、周知徹底するようお取り計らい願います。当日は○○消防署担当官○名の立会いと指導をお願いしておりますので、真剣、機敏な行動をとり、訓練の実をあげるよう申し添えます。

          記
1 日  時 ○月○日(○曜日) 午後○時○分より×時×分
2 場  所 社前広場および屋上
3 訓練内容 
(1)	消火器の取扱い訓練
(2)	避難はしごの実地訓練
                              以上

ページトップへもどる

防火訓練実施の通知(2)

防火訓練実施の通知(2)のテキスト

                              防災XX‐XXX
                              ○○年○○月○○日
社員各位
                              総務部課長 ○○○○

          防災訓練のお知らせ

 来る9月1日(火)に、○○ビル全体の防災訓練を下記の通り実施することが決まりましたので、お知らせいたします。

          記

1.	防災訓練日時 20XX年9月1日(火)午前10時~午前11時
2.	防災訓練手順
・10:00 地震発生報道
・10:05 3階食堂厨房から出火連絡
ただちに、非常階段を使って地上に避難開始、隣接する「緑の公園」広場集合
・10:25 各職場単位に点呼をとり本部に連絡
・10:30 消火器の使い方説明と代表による実演
・10:45 △△消防署による評価
・11:00 解散
                              以上

ページトップへもどる

サイト内検索