ポイント

  • 宛先は事象の重大さのレベルにもよるが、少なくとも進退伺は雇用主宛てとする。

類似文書

部下の事故・犯罪による進退伺い

部下の事故・犯罪による進退伺いのテキスト

2017年08月15日(火)時点で未対応。近日中に対応予定

ページトップへもどる