ポイント

  • 決裁項目を明確に示す
  • 決裁案件の経緯や目的を明記し決裁を求める
  • 承認を得るため議案を明記し、その必要性を強調する。
  • 会社によって閲覧・決裁者の範囲はまちまち。書式も会社によって異なる。押印や意見欄も違うので、その会社の書式に従って所定の欄に記入する
  • 検討・調整が正確に行われるための資料を添付するのもよい。
  • 決裁者の判断に関する資料(見積書など)を添付する

コピー機購入の稟議

コピー機購入の稟議のテキスト

2017年10月15日(日)時点で未対応。近日中に対応予定

ページトップへもどる