ポイント

  • 過失をおかした原因を明確にし、再発防止策を記述する。
  • 自己弁護をせず、謝罪の姿勢に徹するのが鉄則である。
  • 部下の不祥事であっても、弁明めいたことを書くのは禁物
  • 部下に対する責任の所在が明らかになった時点で、すみやかに提出する

類似文書

部下の横領による始末書(1)

ページトップへもどる

部下の横領による始末書(2)

ページトップへもどる

部下の横領による始末書(3)

ページトップへもどる