ポイント

  • 相手方の商標権侵害が明らかな場合でも、攻撃的な態度は避ける
  • 冷静に、毅然とした姿勢で商標権侵害の事実を知らせる
  • 業務の支障など、現在の被害を具体的に示すと効果的
  • 最初は「法的措置」などの高圧的表現は避け、穏やかな表現を心がける

類似商標への抗議(1)

類似商標への抗議(1)のテキスト

2017年12月09日(土)時点で未対応。近日中に対応予定

ページトップへもどる