ポイント

  • 商標権の登録番号を特定し、必要に応じて技術資料も添えて、自社側の権利を明らかにする。
  • 法的措置の可能性もちらつかせながら、相手の対応によっては円満な解決をはかる。
  • 弁護士に相談した上で「商標使用差し止め請求」として内容証明郵便にて送付するのが望ましい。

類似文書

商標権侵害に対する抗議(1)

商標権侵害に対する抗議(1)のテキスト

2017年08月15日(火)時点で未対応。近日中に対応予定

ページトップへもどる

商標権侵害に対する抗議(2)

商標権侵害に対する抗議(2)のテキスト

2017年08月15日(火)時点で未対応。近日中に対応予定

ページトップへもどる