会社設立の挨拶

新たに会社を設立して、これからの取引をお願いする儀礼的な文書です。会社名、商号、会社の目的、所在地、代表者名、業務開始日は必ず記入します。

新会社設立に至るまでの経緯も簡単に記入します。設立にあたって、有力者からの支援があったようなときは、その旨を述べると効果があることがあります。

商号から、何の事業をする会社であるかがわからないときにはポイントだけ述べます。

ポイント

  • 文末に、今後の支援と厚誼を願う挨拶を忘れずに添える
  • 所在地、電話番号などを明記し、会社案内や地図を同封するとより丁寧である
  • 設立・開業の2週間ほど前には届くように出すのがマナーである
  • 祝賀パーティを行うときは、会場地図を添付します
  • 挨拶状は縦書きが一般的です
  • 事業の内容が多い時には、箇条書きにして別紙を添付します

類似文書

会社設立の挨拶(1)

会社設立の挨拶(1)のテキスト

2017年10月15日(日)時点で未対応。近日中に対応予定

ページトップへもどる

会社設立の挨拶(2)

会社設立の挨拶(2)のテキスト

2017年10月15日(日)時点で未対応。近日中に対応予定

ページトップへもどる

会社設立の挨拶(3)

会社設立の挨拶(3)のテキスト

2017年10月15日(日)時点で未対応。近日中に対応予定

ページトップへもどる

お問い合わせ

E-mail
mail.b-writing.com