ビジネス文書の書き方

ビジネス文書の書き方

技術フェアの案内(主催者挨拶)

技術フェアの案内(主催者挨拶)のテキスト

                               平成○○年○○月○○日
株式会社○○○○○
代表取締役 ○○ ○○様
                               社団法人○○○○○研究会
                               理事長 ○ ○○ 
謹啓 いよいよご清栄のこととお喜び申し上げます。

 さて、〇〇年〇〇ショーは、本年第〇〇回を数え、電子技術研究会の主催、各官公庁、団体などのご後援により、来る〇〇月〇〇日から〇〇日間、東京〇〇〇〇・センターにおいて開催する運びとなりました。
  本ショーは、内界センサーを始めとする民生用から産業用までの幅広いセンサーの専門見本市であり、国際的にも高い評価を得ております。  ご高承のとおり、センサー産業は、最先端技術の粋であり、相次ぐ技術革新により、その進歩には計り知れないものがあります。未来を拓く確かな産業として、社会的にも大きな使命を担うものであります。
  本年は、本ショー開催〇〇周年にあたりますので、出品内容の一層の充実を図り、皆様のご期待にそうべく努力をいたす所存であります。
 つきましては、ご多忙のところ誠に恐縮に存じますが、この機会にぜひともご来場賜り、ご高覧いただきたく、ご案内申し上げます。
                               謹白
なお、出品内容の詳細につきましては、同封しておりますリーフレットをご覧いただければよろしいかと存じます。

ページトップへもどる

技術フェアの案内(出品者挨拶1)

技術フェアの案内(出品者挨拶1)のテキスト

謹啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。平素は格別のお引立てを賜り、ありがたく厚くお礼申し上げます。
 さて、来る○○月○○日(○曜日)より、○○月○○日(○曜日)までの○日間、○○会場におきまして、産業用ロボット機械を中心に次世代FAを志向した先端技術を一堂に集めて開催されます株式会社○○○○主催「産業用ロボットフェア」におきまして、当社は同展に積極的に参加、出展し、別記のとおりの製品機器ならびに関連システムなど最新技術の数々をご紹介いたしております。  つきましては、ご多用とは存じますが、ぜひともご来場賜りますようご案内申し上げます。 
謹白
平成○○年○○月○○日
                 株式会社○○○○○
               取締役社長 ○○ ○○
               関係各位

ページトップへもどる

技術フェアの案内(出品者挨拶2)

技術フェアの案内(出品者挨拶2)のテキスト

謹啓 盛夏の候、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
さて、当社では個性を活かせる得意の分野で、時代が求めているものに幅広く、確実に応えていくことに、社をあげて努力中であります。  そのなかで、部品加工の豊富な経験と当社の技術を結集し、多彩な機能を持つ新製品「サイズ」を開発いたしました。  つきましては、○○月○○日○○曜日から○○月○○日○○曜日までの○○日間東京見本市会場にて開催されます「第○○回○○○○工業展」に(○○館出品小間二-二六一番)に出展いたしますので、ぜひご高覧賜りたく、ここにご案内申し上げます。  なお、展示会場では、新製品「サイズ」の販売実演も行なっておりますので、多数のご来場をお待ち申し上げます。 
謹白
平成○○年○○月○○日
                 株式会社○○○○○
取締役社長 ○○ ○○
関係各位

ページトップへもどる

技術フェアの案内(単独主催者挨拶1)

技術フェアの案内(単独主催者挨拶1)のテキスト

                               ○○年○○月○○日
株式会社○○○○○
代表取締役社長 ○○ ○○様
                               株式会社○○○○○
                               取締役社長 ○○ ○○
               技術フェアのご案内
謹啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。平素は一方ならぬお引立て、ご支援を賜り、厚くお礼申し上げます。 
 さて、1888年にハルバックスによってフォトエミッション(光電子放出効果)が発見されて、1世紀が過ぎました。その間に光の重要性は飛躍的に増大し、いままさに新しい“光の世紀”が始まろうとしています。エレクトロニクスを始め、光情報処理、生命工学、半導体など光の技術がその発展の要となっています。  光とは何か?光の技術の飛躍のときを迎え、改めて問い直してみたいと考えます。 技術フェア「加速する光技術」では、特別講師を招いての講演会をはじめ当社最新の技術と製品のご紹介を企画いたしておりますが、これが皆様とともに光の未来を考え、皆様との交流をより一層深める機会となれば幸甚に存じます。  業務ご繁忙の折とは存じますが、ご来場いただきまして、ご高覧、ご高評を賜りたくご案内申し上げます。 
                               謹白
技術フェアの詳細につきましては、同封させていただきました今年度版ガイドブックで取り扱っておりますので、それをご参照くださいますようお願い申し上げます。  
                               以 上

ページトップへもどる

技術フェアの案内(単独主催者挨拶2)

技術フェアの案内(単独主催者挨拶2)のテキスト

                               平成○○年○○月○○日
株式会社○○○○○
代表取締役 ○○ ○○様
                               株式会社○○○○○
                               代表取締役 ○○ ○○
技術フェアのご案内
謹啓 早春の候、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。平素は私どもの事業につきまして、格別のご指導、ご支援を賜り、誠にありがたく厚くお礼申し上げます。
 私どもは昭和○年創業以来、一貫してバイオテクノロジーを中核としたバイオシステム専用メーカーとして今日に至り、お陰さまをもちまして本年○○月○○日創業○○周年を迎えることとなりました。これもひとえに皆様方の特別な暖かいご高配とご愛顧の賜物と、心より厚くお礼申し上げます。
  さて、ご高承のとおり高度化、複合化する化学業界の中にあって、バイオは新しい時代の核として、あらゆる分野において推進されております。当社ではこうしたバイオの将来を予見し、これまで培ったテクノロジーの転換により、広範なシステムを創造、実現してまいりました。
  つきましては、創業○○周年を記念いたし、今日まで蓄積してまいりました技術を結集した人工栽培、バイオシステムなど新製品をご高覧いただき、今後一層のご指導、ご支援を賜りたく、別紙等により、技術フェアを開催させていただく次第であります。ここに謹んでご案内申し上げます。
  ご多用中、誠に恐縮ではございますが、何卒ご来臨の栄を賜りますよう伏してお願い申し上げます。 
                               謹白

ページトップへもどる

サイト内検索