ビジネス文書の書き方

ビジネス文書の書き方

創立30周年の祝い

ポイント

  • 創業以来の苦労や努力を思いやると同時に、現在の経営者の手腕をたたえ、それが今日の繁栄につながったのだろうと展開させる。
  • 長年の取引があり、具体的な思い出などがある場合は記述すると、なお良い。

類似文書

創立30周年の祝い

創立30周年の祝いのテキスト

                               平成○○年○月○日
○○○○株式会社
代表取締役社長○○○○殿
                               株式会社○○○○
                               代表取締役○○○○
               創業30周年の祝い
拝啓 新涼の候 貴社ますますご隆昌のこととお喜び申し上げます。
 さて、このほど貴社におかれましては、めでたく創業30周年をお迎えになられます由、大慶に存じ、衷心よりお祝い申し上げます。
 ご創業以来、堅実経営により順調なご発展を遂げられ、今日の隆盛を築かれましたことは、業界の模範とするところと申せます。
 今後ともさらに一層のご発展ご躍進をなさるようお祈り申し上げます。
 まずは略儀ながら、書中をもって一言お祝い申し上げます。

                               敬具

ページトップへもどる

サイト内検索