ビジネス文書の書き方

ビジネス文書の書き方

著作権侵害に対する警告書

著作権侵害に対する警告書

著作権侵害に対する警告書のテキスト

               通 知 書

冠省
1 私は、「○○」という題名の書籍を著述し、同書籍(以下、「本件書籍」といいます。)について著作権を有しています。
2 ところが、今般判明したところによりますと、貴社発行の書籍××(以下、「本件貴社書籍」といいます。)21ページの記載は、本件書籍45ページ4行目の「…」から15行目の「…」の記載をそのまま複製したものです。
3 貴社のこのような行為は、私の著作権(複製権、譲渡権)を侵害するものであり、民事のみならず刑事処分の対象となるものです。
4 私は、貴社のこのような行為を到底看過することはできません。
 そこで、本件貴社書籍の発行を直ちに中止するとともに、本書面到達後2週間以内に本件貴社の在庫をすべて断裁処分し、その経過を報告してください。
5 同時に、上記期間内に、私に対して謝罪と適正な損害賠償金の支払をお約束ください。
6 上記の要求が達成されないときは、直ちに法的手続に訴える所存ですので、ご承知おきください。
                              草々
平成○○年○○月○○日

(通知人)
○○県○○市○○町○丁目○番○号
 ○○○○
(被通知人)
東京都○○区○○町○丁目○番○号
○○株式会社 御中

ページトップへもどる

サイト内検索