ビジネス文書の書き方

ビジネス文書の書き方

コンピュータプログラムの盗用に対する警告書

コンピュータプログラムの盗用に対する警告書

コンピュータプログラムの盗用に対する警告書のテキスト

                              平成○○年○○月○○日
大阪府○○区○○町○丁目○番地○号
株式会社 ○○
代表取締役 ○○○○殿
                              大阪府○○市○○町○丁目○番地○号
                              ○○株式会社
                              代表取締役 ○○○○

               警 告 書

 貴社は、平成○○年○○月ころから、「△△」というテレビゲームを製造販売しておられますが、「△△」の内容は、当社が平成○○年○○月から製造販売しているテレビゲーム「○○」と酷似しており、明らかに当社のプログラムを無断複製したものと考えられます。貴社のかかる行為は当社の著作権を侵害するものです。
 当社は、本件プログラムの開発に莫大な労力、費用及び時間を費やしており、このような創作努力にただ乗りすることは到底許されません。
 当社は、貴社に対し直ちに「△△」の製造販売を中止するよう求めます。また、当社の調査によれば貴社は「△△」の販売により少なくとも○○○万円の利益を得ているものと認められますので、当社は同金額を損害賠償として請求します。
                              以 上

ページトップへもどる

サイト内検索