ビジネス文書の書き方

ビジネス文書の書き方

勤務ぶりが悪い有期契約労働者に対する警告書

勤務ぶりが悪い有期契約労働者に対する警告書

勤務ぶりが悪い有期契約労働者に対する警告書のテキスト

                              平成〇〇年〇〇月〇〇日
〇〇〇〇 殿
                              株式会社〇〇〇〇
                              代表取締役 〇〇〇〇 ○印

               警 告 書

 貴殿は、現在〇〇〇業務に従事しているところ、頻繁に遅刻を繰り返しており、また勤務時間中に無断で離席することも多く、同業務に専念しているとは到底認められません。また、同じ業務に従事する他の社員に比べ極めて仕事が遅く、ミスも多い状況で、その適性、能力も劣っていると言わざるを得ません。
 当社はこれまで貴殿に対し、たびたび口頭での注意、指導を行い、さらに平成〇〇年〇〇月〇〇日付「勤務改善指導書」等、文書での指導も行ってきました。しかし、貴殿は真摯に反省しないばかりか、反抗的な態度すらとることもあり、一向に改善が見られません。
 貴殿において、今後も改善が見られない場合、貴殿との雇用契約の期間満了(平成〇〇年〇〇月〇〇日)をもって貴殿との雇用契約を終了し、更新しません。
 ここに社長名にて厳重に警告します。
                              以上

(本人受け取り欄)
本書の趣旨、内容を理解し、今後改善いたします。
平成   年   月   日
所属
氏名

ページトップへもどる

サイト内検索