病気入院の見舞い

見舞状は、関係者が災害や事故にあった時や病気になったにお見舞いの言葉を伝える文書です。お見舞いに際し、相手を気づかい、心を込めて励ましや元気づけることを目的とした文書です。

ポイント

  • 病気入院の場合、病状などをくわしく尋ねるのは慎む。
  • 休職を余儀なくされるような重病の場合を除き、「日ごろの疲れが出たのでは」「骨休めと思って静養を」とするのが無難である。
  • 仕事上の関係者とはいえ、見舞い状は個人あてのものなので、ワープロ打ちの文書ではなく、便箋に手書きにするのが望ましい。
  • ビジネス上の用件は禁物。相手のことだけを気遣う心を表す。

類似文書

病気入院の見舞い(1)

病気入院の見舞い(1)のテキスト

2017年08月15日(火)時点で未対応。近日中に対応予定

ページトップへもどる

病気入院の見舞い(2)

病気入院の見舞い(2)のテキスト

2017年08月15日(火)時点で未対応。近日中に対応予定

ページトップへもどる

病気入院の見舞い(3)

病気入院の見舞い(3)のテキスト

2017年08月15日(火)時点で未対応。近日中に対応予定

ページトップへもどる

病気入院の見舞い(4)

病気入院の見舞い(4)のテキスト

2017年08月15日(火)時点で未対応。近日中に対応予定

ページトップへもどる

病気入院の見舞い(5)

病気入院の見舞い(5)のテキスト

2017年08月15日(火)時点で未対応。近日中に対応予定

ページトップへもどる