火災事故の見舞い

見舞状は、関係者が災害や事故にあった時や病気になったにお見舞いの言葉を伝える文書です。お見舞いに際し、相手を気づかい、心を込めて励ましや元気づけることを目的とした文書です。

ポイント

  • 火災の原因や火災保険の有無、被害の状況などを詮索するのは慎み、「たいへんなことになりましたね」と同情を寄せるにとどめる
  • 頭語は「急ぎ」を意味する「急啓、急白、冠省」などを使う
  • 最初に被災を知った経緯を簡潔に記し、お見舞いを述べる

類似文書

火災事故の見舞い(1)

火災事故の見舞い(1)のテキスト

2017年08月15日(火)時点で未対応。近日中に対応予定

ページトップへもどる

火災事故の見舞い(2)

火災事故の見舞い(2)のテキスト

2017年08月15日(火)時点で未対応。近日中に対応予定

ページトップへもどる

火災事故の見舞い(3)

火災事故の見舞い(3)のテキスト

2017年08月15日(火)時点で未対応。近日中に対応予定

ページトップへもどる