地震被害の見舞い

見舞状は、関係者が災害や事故にあった時や病気になったにお見舞いの言葉を伝える文書です。お見舞いに際し、相手を気づかい、心を込めて励ましや元気づけることを目的とした文書です。

ポイント

  • 急ぎの見舞いなので、できるだけ自筆で、丁寧に書く
  • 被害状況が分からない場合は、安否を気遣い無事を祈る気持ちをこめる
  • 予期せぬ災害の被害では、援助を申し出ることが励ましとなる
  • 慰問品を別送する場合は、そのことも書き添える

類似文書

地震被害の見舞い(1)

地震被害の見舞い(1)のテキスト

2017年10月15日(日)時点で未対応。近日中に対応予定

ページトップへもどる

地震被害の見舞い(2)

地震被害の見舞い(2)のテキスト

2017年10月15日(日)時点で未対応。近日中に対応予定

ページトップへもどる

地震被害の見舞い(3)

地震被害の見舞い(3)のテキスト

2017年10月15日(日)時点で未対応。近日中に対応予定

ページトップへもどる