遭難の見舞い

見舞状は、関係者が災害や事故にあった時や病気になったにお見舞いの言葉を伝える文書です。お見舞いに際し、相手を気づかい、心を込めて励ましや元気づけることを目的とした文書です。

ポイント

  • 先方の状況をある程度調べたうえで、状況に応じた見舞状を書くのが望ましい
  • 災害などの場合は、まず安否をたずねることが最優先
  • 重ね言葉(「くれぐれも」「ますます」「しばしば」など)は使わない

遭難の見舞い

遭難の見舞いのテキスト

2017年12月09日(土)時点で未対応。近日中に対応予定

ページトップへもどる