類焼の見舞い

見舞状は、関係者が災害や事故にあった時や病気になったにお見舞いの言葉を伝える文書です。お見舞いに際し、相手を気づかい、心を込めて励ましや元気づけることを目的とした文書です。

ポイント

  • 類焼とは、火事が他へ燃え広がることである。
  • よそで起きた火事が燃え移る災害は、被害を受けた側に落ち度がないだけに、当事者の残念さは、はかり知れないものがある。見舞い状では安易な気休めは控え、相手の残念(無念、心痛、力落とし、悔しさ、遺憾)な気持ちを思いやる表現を主体にする。

類似文書

類焼の見舞い(1)

類焼の見舞い(1)のテキスト

2017年10月15日(日)時点で未対応。近日中に対応予定

ページトップへもどる

類焼の見舞い(2)

類焼の見舞い(2)のテキスト

2017年10月15日(日)時点で未対応。近日中に対応予定

ページトップへもどる

類焼の見舞い(3)

類焼の見舞い(3)のテキスト

2017年10月15日(日)時点で未対応。近日中に対応予定

ページトップへもどる