ポイント

  • 「どのような扱い(有給か否か)になるか」「2回以上に分けて休んでもいいのか」「だれに決定権があるのか」「どのように届け出ればいいのか」など、社員が気になるであろう点を通知する
  • 事実の伝達を目的とする文書なので、まず主要な事項を簡潔に書き、次に付け加える事項の順で書く。頭語とか事項の挨拶は省略する。

類似文書

夏期休暇の通知(1)

夏期休暇の通知(1)のテキスト

2017年08月15日(火)時点で未対応。近日中に対応予定

ページトップへもどる

夏期休暇の通知(2)

夏期休暇の通知(2)のテキスト

2017年08月15日(火)時点で未対応。近日中に対応予定

ページトップへもどる

夏期休暇の通知(3)

夏期休暇の通知(3)のテキスト

2017年08月15日(火)時点で未対応。近日中に対応予定

ページトップへもどる

夏期休暇の通知(4)

夏期休暇の通知(4)のテキスト

2017年08月15日(火)時点で未対応。近日中に対応予定

ページトップへもどる

夏期休暇の通知(5)

夏期休暇の通知(5)のテキスト

2017年08月15日(火)時点で未対応。近日中に対応予定

ページトップへもどる

お問い合わせ

E-mail
mail.b-writing.com