ビジネス文書の書き方

ビジネス文書の書き方

  1. ホーム
  2. 社交文書
  3. 取引先担当者急逝のお悔やみ

取引先担当者急逝のお悔やみ

弔事の文書は、自社や関係先に不幸があったときのご冥福の言葉を伝えるとき、また案内やお礼を伝えるための文書である

ポイント

  • 社会人として現役のうちに他界するのは、年齢を問わず「早世(若くして逝去すること)」といえる。
  • お悔やみ状でも、「ご活躍はこれからという年代で」「これからも親しくご指導を仰ぎたく存じておりましたのに」などの言い回しで、その早すぎる旅立ちを悼む。

類似文書

取引先担当者急逝のお悔やみ

取引先担当者急逝のお悔やみのテキスト

 御社販売促進部主任 〇〇〇〇様のご訃報を伺い、あまりにも突然のお知らせに呆然としております。ご前途ある年齢でのご他界、運命の残酷さを思い知らされるとともに、皆様さぞご落胆のことと拝察申し上げます。ご生前は、精力的に仕事にあたられ、弊社にも格別のご高配をいただいておりましたので、たいへん無念に存じます。
 ここに謹んでご冥福をお祈り申し上げます。
 なお、ご霊前にお供えいただきたく、心ばかりの香料を同封いたしましたので、どうかよろしくおとりはからいくださいますよう、お願い申し上げます。
 とりいそぎ、お悔やみを申し上げます。

ページトップへもどる

サイト内検索